« 「人間について」ボーヴォワール | トップページ | 「他力」五木寛之より »

「詩の原理」萩原朔太郎著

「即ち真に感情で書いたところの、実の本物の詩にあっては、言語が概念として使用されず、主観的なる気分や情調の中に融けて、それ自ら「感情の意味」を語っているところである。これに反して似而非の詩は、言語が没情感なる概念として、純に「知性の意味」で使用されている。」 (萩原朔太郎)

31432902

私たちがふだん使用している言語は、何かを伝えるために発します。萩原朔太郎は、本物の詩にあっては、言語は概念として使用されないといいます。つまり、珈琲店(カフェ)という言葉を聞いたとき、本来は、AさんBさんそれぞれの店のイメージが浮かびます。しかし、概念としては、コーヒーを飲み軽食を食べながらちょっと休憩できる店くらいでしょうか。しかし、このAさんBさんでは違うはずのカフェを表現しなければならないのです。さらに、そのときの感情も加える必要があります。それが、主観的なる気分や情調の中に融けて、ということでしょう。萩原朔太郎は、カフェを次のような詩にしています。

閑雅なる食欲  *珈琲店はカフェと呼んでください。

松林の中を歩いて

あかるい気分の珈琲店をみた。

遠く市街を離れたところで

だれも訪づれてくるひとさへなく

林間の かくされた 追憶の夢の中の珈琲店である。

をとめは恋恋の羞をふくんで

あけぼののやうに爽快な 別製の皿を運んでくる仕組

私はゆつたりとふほふくを取って

おむれつ ふらいの類を喰べた。

空には白い雲が浮かんで。

たいさう閑雅な食慾である。

詩中ではもはや、ただ軽食を出して休憩するだけのカフェではありませんね。言葉の組み合わせといっては、味気ないですが、このパズルによって、詩中の感情が伝わるとは思いませんか?

人気ブログランキングへ">人気ブログランキングへ

|

« 「人間について」ボーヴォワール | トップページ | 「他力」五木寛之より »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472526/23669063

この記事へのトラックバック一覧です: 「詩の原理」萩原朔太郎著:

» 秋なので、詩の言葉について [pen紙創造]
詩の言葉とは、匂いがある。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 21時41分

« 「人間について」ボーヴォワール | トップページ | 「他力」五木寛之より »