« 「日本の智慧」亀井勝一郎より | トップページ | 「法然と親鸞の信仰」(下) 倉田百三より »

サリンジャーの言葉「アメリカン・ポップ・フレーズ」より

「プライドを捨てたというプライドを少しも匂わせないような告白文など、おそらく一つもなかった」 (サリンジャー)

19806749

日記や手紙など他の文章よりもより個人的なものは、露骨な表現があっても不思議ではないんですが、やはり第三者の目を意識していることがあります。それはやはり文章は、自分の死後も誰かの目に触れることを意識しているからなのでしょうかね。上記サリンジャーの言葉は、プライドを捨てたといって書かれた告白文でも、やはり作家のプライドが顔を覗かせている、という皮肉な内容ですね。人間は誇りによって自分を保っていることも多々ありますから、これは致し方ないことなのでしょうね。

|

« 「日本の智慧」亀井勝一郎より | トップページ | 「法然と親鸞の信仰」(下) 倉田百三より »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472526/10023517

この記事へのトラックバック一覧です: サリンジャーの言葉「アメリカン・ポップ・フレーズ」より:

« 「日本の智慧」亀井勝一郎より | トップページ | 「法然と親鸞の信仰」(下) 倉田百三より »