« 開高健「開口閉口」より | トップページ | 井伏鱒二「荻窪風土記」について »

坂口安吾「堕落論」より

31984506 「日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母体によって始めて人間が誕生したのだ。生きよ堕ちよ、その正当な手順のほかに、真に人間を救い得る便利な近道がありうるだろうか。(中略)終戦後、我々はあらゆる自由を許されたが、人はあらゆる自由を許されたとき、みずからの不可解な限定とその不自由さに気づくであろう。人間は永遠に自由ではあり得ない。なぜなら人間は生きており、また死なねばならず、そして人間は考えるからだ。(中略)人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な道はない。戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。」(坂口安吾)

価値観とは、いかにも漠然として、相対的で、曖昧で、身勝手なものですよね。日本の価値観も、あの敗戦を境に変わったのではないでしょうか。坂口氏は人間は堕落するとします。それは、逆説的ではありますが、自己肯定とも、慰めとも、激励ともいえます。昨日まで信じ切っていた正義が、次の日まるっきり逆になっていたらどうでしょう。おそらく、人は自己嫌悪に陥り、自分を責めるでしょう。しかし、人間は本来弱く脆いものだと思えば、励ましになりませんか。それが、きっと坂口氏のおっしゃる「堕ちる」ではないでしょうか。堕落してはいけません。そう私たちは教えられます。それは何故か。人間は、実に弱く、堕落し易いものだから、何度も戒められるのだと思います。

|

« 開高健「開口閉口」より | トップページ | 井伏鱒二「荻窪風土記」について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472526/8949744

この記事へのトラックバック一覧です: 坂口安吾「堕落論」より:

« 開高健「開口閉口」より | トップページ | 井伏鱒二「荻窪風土記」について »