「他力」五木寛之より

「これまで、笑いとかユーモアは高級であり、涙とか泣くということは、封建的で前近代...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「詩の原理」萩原朔太郎著

「即ち真に感情で書いたところの、実の本物の詩にあっては、言語が概念として使用され...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「人間について」ボーヴォワール

「人間の条件は、与えられたものをことごとく追い越すことです。人間の充実性が達せら...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シュルレアリスム宣言」アンドレ・ブルトン

「シュルレアリスム。男性名詞。心の純粋な自動化現象であり、それにもとづいて口述、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「現代の批判」 キルケゴール

「現代は本質的に分別の時代、反省の時代、情熱のない時代であり、束の間の感激にぱっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「茶道名言集」井口海仙

「茶道は、日常生活の俗事の中に、美しきものを崇拝するに基く一種の儀式であって、純...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海舟座談」巌本善治編より

「誰が先生に信ぜられたか、何事が先生に重んぜられたかと言うに、多分、何人といえど...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「禅の言葉」より

「他は是れ吾にあらず」  自分のための修行は自分でやらないと無意味だという意味で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「留魂録」吉田松陰より

「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも             留置かまし大和魂」 (...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本語の年輪」大野晋より

「なまめかしい」 「『なま』という言葉は、(中略)その状態や動作が、未熟である。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「夏の花」原民喜より